プッシュ通知

本記事は「How to Withdraw Your Locked ETH and Get PLD. Step by Step Guide for Beginners.」の和訳記事です。

-----

前回の記事で述べたように、我々 Stake Technologies は Dusty Lockdrop を開始しました。そして、いまテストネットのETHを使って、PLD トークン(訳者注: Plasm の基軸トークン) を入手することができます。

この記事では、ETHをロックし引き出す方法、そしてPLD トークンを入手する方法について説明したいと思います。

ETHをロックする方法と引き出す方法

まず、次のリンクをクリックして、ロックドロップのページに移動してください。
そうすると、このようなページが見えると思います。
赤色の枠で囲われたボタンをクリックしてください。

メタマスクウォレットをインストールしていることをご確認ください。

アカウントをメインネットからRopsten テストネットに切り替えてください。

もし、十分な量のETHをお持ちでない場合は、 次のページからリクエストしてください。

https://faucet.ropsten.be/

いま、1ETH がメタマスク ウォレットにあるとします。

この1ETH をロックドロップスマートコントラクトに10日間ロックしてみましょう。

「ETHの数量(Number of ETH)」と「ロック期間(Lock Duration)」のセクションを埋めてから、「送信トランザクション( Submit Transaction)」ボタンをクリックしましょう。

おめでとうございます!あなたのETHは ロックドロップスマートコントラクトにロックにされました。

次に、リアルタイムでロックドロップの状態をチェックしてみましょう。

いま、あなたはPLDトークンを引き出すことができます!

緑色の枠で括ったボタンをクリックしてください。

イーサリアム上でトランザクションが完了されなければならないので、少々待つ必要があるかもしれません。

✔︎ボタンをクリックして、PLD を引き出すことができます。

PLDの使い方

PLD トークンを使うために、Polkadot.js を使ったウォレットの作成とあなたご自身のイーサリアムの鍵が必要になります。

https://apps.plasmnet.io/#/accounts

注意: 秘密鍵の前に0x をつけるのを忘れないでください。

このPlasm/Dusty Portal をつかうことで、トークンの送受信が可能になります。また、あなたご自身のスマートコントラクトのデプロイやDApps の作成も行うことが可能です。

ETHの引き出し方

ETHはいまから10日間ロックされました。ですので、10日後にETHを引き出すことができます。次のようにして、状況を確認することができます。

10日後、🔒マークをクリックしてください。そうすれば、ETHを引き出すことができます。

運営者情報

様々な知見をお持ちの方々に、ハイクォリティな記事を書いていただくメディアサイト

Twitter:@Stir_Lab

 

運営元

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事