TokenPocketでのIOSTステーキング【初心者でも丸っとわかる!】
プッシュ通知

みなさんこんにちは!Stir labリサーチャーのプリズム(Twitter:@prism_metaverse)と申します!

今回の記事では、TokenPocketのステーキングに関して、

  • ステーキングの開始方法
  • ステーキング数量の確認方法
  • ステーキングの解除方法
  • ステーキング報酬の受け取り方法

を解説していきます。

解説するためのトークンにはIOSTを使用します。

IOSTを保有している方は、この記事の通りに手順を進めればステーキングを行うことができます!

ステーキングの開始方法

まず初めに、「Vote」をクリックしてください。

移動先の画面にてステーキング先の選択を行います。

今回はステーキング先をStirに設定してステーキングを行う方法をご紹介します。

画面にて、以下の画像のような手順を実行し、「投票」をクリックしましょう。

次に、ステーキングしたいIOST の数量を入力してください。

最後にパスフレーズの入力を求められますので、パスフレーズを入力して、「確認」ボタンをクリックしてください。

無事にステーキングに成功すると、「投票成功」というポップアップが出現します。

ステーキング数量の確認方法

このアカウントでは 80 IOST をステーキングした例を表示しています。

ステーキングした数量は、TokenPocketアプリのホーム画面で「フリーズ」という表記で表示されます。

反映するのに少し時間がかかるかもしれませんので、反映されない場合は、少し時間を置いてからもう一度アクセスしてみてください。

ステーキングの解除方法

ステーキングを開始する方法と似た順序で、ステーキングを解除することができます。

最初に「Vote」をクリックし、ステーキング先の選択をする時と同様にStirを表示させてください。

      

 

次に出てくる画面にて「未投票」を選択し、ステーキング解除したい数量を入力してください。

        

最後にパスワードを入力して、「確認」ボタンをクリックしてください。

 

解除が正常に完了すると、下図のように「投票成功の取り消し」というポップアップが表示されます。

「投票成功の取り消し」は、「投票取り消しの成功」と読み替えていただいて大丈夫です。日本語訳がおかしくなっているだけです。

 

なおステーキングを解除した場合、すぐには反映されず、ご自身のウォレットに入るまで3日ほどかかります。

ただし、ステーキングしている数量は減少しますので「フリーズ」に反映されている数量は減少します。

 

ステーキングを解除した際には3日間の凍結期間がありますが、3日経過してもiGASとiRAMが非表示になるケースがあります。

TokenPocketアプリ自体のバグだと思われます。

もし上記のような障害が発生した場合は、以下の操作をお試しください。

  1. ホーム画面から「本人」をクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「ノードの設定」をクリック
  4. デフォルトノードとして「TokenPocket」を選択

実際の画面遷移は以下画像の通りです。

なおiGAS、iRAMに関する詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

 

ステーキング報酬の受け取り方法

IOST のステーキング報酬は次のようなプロセスで取得することができます。

  1. ブロックプロデューサーが報酬を引き出す
  2. このタイミングでステーキング報酬は一度ブロックチェーン上に保管されます。
  3. ブロックチェーン上に保管された報酬を引き出す (クレームする)

Stir の場合、毎週金曜日に報酬引き出しを行なっていますので、そのタイミングで報酬がブロックチェーン上に保管されます。

実際にTokenPocket にて行う操作は 「3. ブロックチェーン上に保管された報酬を引き出す (クレームする)」のみです。

こうすることで、好きなタイミングでステーキング報酬を入手することができます。

参考記事

IOST のモバイルウォレット「TokenPocket」の使い方

運営者情報

Stir lab運営元のStir (スティア)は、「だれもが簡単に・安全にブロックチェーンを利用できる世の中」を目指して、ステーキング事業、メディア事業を展開しています。

 

Twitter@Stir_Network_JP

運営元https://stir.network/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事