Astar Networkのクラウドローン参加者が、報酬のASTRトークンを獲得(Claim)する方法
プッシュ通知

みなさんこんにちは!Stir labリサーチャーのプリズム(Twitter:@prism_cryptos)と申します!

 

今回は、クラウドローン参加者の皆様がAstar Networkの ASTR トークンを獲得(Claim)する方法を解説していきます!

画像を多く使用し、完全初心者にもわかりやすく解説しております!

ぜひ最後までご覧ください!

 

※本記事の内容は、Google ChromeもしくはBraveブラウザおよびPolkadot.jsを使用している方を対象に執筆しております。

※もしPolkadot.jsウォレットを作成していない方は、「Polkadot{.js}の作成から基本的な使い方、復元までを解説!」の記事を参考にウォレットを作成してみましょう!

 

Astar NetworkのポータルサイトにPolkadot.jsを接続する

まずはAstar Networkのサイトに移動し、自身のPolkadot.jsウォレットを接続しましょう。

ページに接続したら画面中央の「Connet Wallet」ボタンをクリックします。

 

 

接続するウォレットを選択する画面に移動するので、「Polkadot.js」ウォレットをクリックしてください。

 

 

するとPolkadot.jsウォレットに登録されているアカウントを選択する画面になるので、Astar Networkに接続したいアカウントを選択してください。

選択後、「Confirm」をクリックしてください。

 

 

上記の操作を行うとAstar Networkへの接続が完了し、ダッシュボードが適切に表示されます。

接続したアカウント名がサイト上部にて確認でき、所有しているASTRトークンの量がサイト下部中央にて確認できます。

 

 

ここまで準備が完了したら、次に ASTR トークンを獲得していきましょう!

 

クラウドローン参加者がASTRトークンを獲得する方法

この章では、クラウドローン参加者がASTRトークンを獲得する方法を解説いたします。

 

表示されているトークン量に関する解説(Claimable、Remaining vests、Locked)

2021年11月に開催されたAstar Networkのクラウドローンに参加された方は、ページ内の

①「Claimable

②「Remaining vests

③「Locked

の各項目に数値が表示されていると思います。

 

それぞれ解説すると、以下のような表で示すことができます。

Claimable 現在獲得できる(Claimできる)ASTRトークンの量
Remaining vests 現在は獲得できない(将来的にvesting可能な)ASTRトークンの量
Locked 現在ロックされている(将来的に獲得できるようになる)ASTRトークンの総量

 

なお計算式としては、『Claimable + Remaining vests = Locked』です。

今回はClaimableに表示されているトークンの量を獲得する操作を解説いたします。

 

Claimableに表示されているトークン量を獲得する方法

まず「Vesting info」 をクリックしましょう。

 

 

すると以下のようなポップアップ画面が出てきます。

この画面で「Unlock available tokens」をクリックしましょう。

 

 

「Unlock available tokens」をクリックすると、ブラウザ拡張機能のPolkadot.jsが起動します。

パスワードの入力を求められるので、自身のアカウントのパスワードを入力しましょう。

最後に「Sigh the transaction」をクリックしてください。

 

 

以上の操作を行うことで、Claimableにあるトークン量を、所有しているトークン量の表示に移動することができました。

 

 

以上の方法で、クラウドローン参加者がASTRトークンを獲得することができます!

以上で操作は終了です! お疲れさまでした!

 

Twitterでも暗号資産に関する情報発信をしています!

Twitterはコチラ⇩
運営:Stir(@Stir_Network_JP)
筆者:プリズム(@prism_cryptos)

 

関連記事

 

参考文献

Astar Network アンバサダー Kaori_a 様のツイート

https://twitter.com/kaori_ruku?s=20

運営者情報

Stir lab運営元のStir (スティア)は、「だれもが簡単に・安全にブロックチェーンを利用できる世の中」を目指して、ステーキング事業、メディア事業を展開しています。

 

Twitter@Stir_Network_JP

運営元https://stir.network/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事